So-net無料ブログ作成

生後4ヶ月の赤ちゃん 昼寝をしない [生後4か月]

生後4ヶ月の赤ちゃん 昼寝をしない

生後4か月の赤ちゃんが、
お昼寝をしないことで悩んでいるママがいるようですね。

私の息子は、
寝ることに関しては全く手がかからず、
お昼寝をしないことがほぼありませんでした。

もちろん、お昼寝をしない日もありましたよ。

お昼寝をしない子の中には、
ママの抱っこじゃないと寝ない
とか、
全く寝ない
という子がいるようで、
心配になるママが多いようです。

生後4か月の赤ちゃんのお昼寝について、
調べてみました。






◆赤ちゃんのお昼寝◆

生後4か月頃の赤ちゃんは、
午前中と午後、1日2回お昼寝をするそうです。

昼と夜の区別がついてきたとはいえ、
まだまだ睡眠のリズムが整っていません。

なかなかお昼寝をしない赤ちゃんは、
生活のリズムから見直してみるといいでしょう。

また、生後4か月頃は動きも活発になってくる頃なので、
天気の良い日などは、外に散歩に出るなど、
赤ちゃんの見える風景を少し変えてあげるといいでしょう。

外に出かけることで、
赤ちゃんがよく寝てくれるようになります。

私も、息子にお昼寝をしてほしいときは、
外出していました。

ベビーカーの揺れが気持ちいいのか、
コロッと寝てくれますよ(^^♪


◆抱っこじゃないと寝ない赤ちゃん◆

抱っこじゃないと寝ない赤ちゃんの場合、
お布団に寝かせられないと大変ですよね。

私の息子も、
背中スイッチ
で、お布団に寝かせるのが大変な時がありました。

が、私の場合、
意外と簡単に解消することができました。

その方法は…

添い寝です。

抱っこした状態で、赤ちゃんが眠ったら、
そのまま一緒に横になってしまうのです!

一緒に横になっても赤ちゃんが起きなければ、
そのまま赤ちゃんだけお布団に置いてみましょう。

最初の頃は、すぐに起きてしまうのですが、
私の息子は3回~5回くらいで慣れてくれました(^^

横になる時のポイントですが、
腕を抜きやすい状態で横になること
です。

ママがそばにいるだけでも、
安心して寝てくれますよ(^^

お昼寝をしない赤ちゃんもいますが、
成長に問題なく、機嫌よく過ごしていたり、
夜の寝つきが良ければ問題はないと思います。

生後4か月をすぎ、
運動量が増えてくれば
お昼寝をするようになると思います。

お昼寝をしない赤ちゃんとおしゃべりをして過ごすのも
いいかもしれませんよ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

生後4ヶ月の赤ちゃん 体重増加の目安は? [生後4か月]

生後4ヶ月の赤ちゃん 体重増加の目安は?

生後4か月の赤ちゃんの体重増加の目安ですが、
生後1か月~3か月のころと比べると、
体重増加は少ないかもしれません。

これは、
昼と夜の区別がつくようになり、
授乳の回数が少し減ることで、
体重増加が少なくなるのだと思います。

私の息子は、
授乳の回数が減りませんでしたが、
体重増加は緩やかになったと記憶しています。

体重が増えず、不安になるママもいると思います。

私も、少し不安でしたから(^^

生後4か月の赤ちゃんの体重増加について、
調べてみました。






◆生後4か月の赤ちゃんってどのくらい?◆

生後4か月の赤ちゃんの平均的な体重は、
およそ6キロ前後
が目安です。

成長の早い赤ちゃんだと、
生後3か月ですでに6キロ超えしている子もいますが、
個人差なので、気にすることはないでしょう。

女の子の赤ちゃんなら、
もう少し小さめで5.5キロ前後くらいでしょうか。

身長は60センチ~70センチ前後で、
成長曲線の範囲内であれば、
そんなに心配することはありません。

授乳の回数が減ったことで、
体重の増加が緩やかになります。

動きも活発になってくるので、
赤ちゃんが機嫌よく過ごせていれば、
体重増加について心配しなくてもいいようです。


◆生後4か月は首が座ってくる頃◆

生後4か月頃は首が完全に座る頃です。

腹這いにさせると、
かなりしっかりと首を持ち上げていられる子も多いようです。

音の鳴る方を探したり、
ママの呼ぶ声に反応して探したりするようになります。

また、喃語も活発になり、
あーあー
と声を出して何か話していたりするので、
赤ちゃんが声を出したら、
できるだけ応えてあげましょう。

赤ちゃんとのやり取りが
どんどん楽しくなってきますよ(^^♪


◆生後4か月頃の遊び◆

生後4か月の赤ちゃんの遊びですが、
生後3か月頃から始まった指しゃぶりの他に、
自分の手をグーにして口に入れて遊んだりします。

最初見た時はビックリしましたが、
この時期はいろんなものに興味を示す時期なので、
ママが驚くような行動をしたりします。

音の鳴るおもちゃなどに興味を示すので、
ガラガラや鈴の入ったぬいぐるみなどを預けてみるといいでしょう。

私の息子は、
鈴の入ったボールがお気に入りでした

赤ちゃんの体重増加が気になると思いますが、
機嫌よく遊んでいれば大丈夫!!

それでも心配な時は、
小児科の先生に相談するといいでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

生後3か月の赤ちゃんの外出 [生後3か月]

生後3か月の赤ちゃんの外出

生後3か月頃になると、赤ちゃんの首も座り始め、
ママもお世話に慣れてくる頃だと思います。

検診以外の外出を控えていたママにとっては、
待望の外出!!

赤ちゃんにも外の空気と触れ合わせるいい機会。

とはいえ、
3か月になったばかりの赤ちゃんとの外出は少し不安も…。

そこで、
生後3か月の赤ちゃんと外出する際に
注意することや知っておくと便利なことをご紹介します!!






◆外出時の注意◆

生後3か月の赤ちゃんは
首が座り始めている」頃。

まだまだしっかりと首が座っていないので、
ベビーカーに乗せるときは、
赤ちゃんの様子をうかがいながら移動しましょう。

また、
外出できるようになったからといって、
いきなり人ごみの中に出かけたり、長時間の外出はやめた方がいいでしょう。

まずは、近所の公園やスーパーへのお買いもの程度にして、
赤ちゃんが疲れないよう配慮しましょう。


◆外出時の持ち物や知っておくと便利なこと◆

赤ちゃんと外出するときに最低限必要な荷物をあげてみました。

・おむつ(2~3枚くらい)
・おしりふき
・ゴミ袋
・粉ミルク
・哺乳瓶
・お湯
・ガーゼ

粉ミルク、哺乳瓶、お湯は、
水分補給のために準備しておくといいでしょう。

あれば便利なもの

・タオルケット(バスタオル)
・おもちゃ
・着替え一式


着替え一式は、外出する距離によって持って出かけましょう。

生後3か月頃の外出は近場が多いと思いますが、
万が一に備えて、上記の荷物は持って出かけたほうがいいです。

また、近場とはいえ外出する際に、

・赤ちゃんと入れるトイレの場所
・授乳できるスペースがある施設

ベビーカーの場合

・きちんと舗装されている道か?
・ベビーカーで入りやすい環境か?

ということを調べておくと便利です。

外出先で授乳スペースがなかったり、
ベビーカーでの移動が大変だったりするのでは、
せっかくの外出も楽しめません。

あらかじめ、ルートなどを確認しておくといいでしょう。

まずは近場から慣らして、
赤ちゃんと外出を楽しみましょうね!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

生後3か月の夜泣き [生後3か月]

生後3か月の夜泣き

生後3か月頃の夜泣きですが、
育児書などでは、夜泣き7か月頃の赤ちゃんに多いようです。

私の息子も、
7か月~8か月頃に夜泣きをしましたが、
ほんの数回でした。

しかし、ほんの数回とはいえ、
アパートに住んでいるので、
夜中に泣かれるとドキドキしたものです。

夜泣きで悩んでいるママはたくさんいるそうで、
その割合はおよそ7割に及ぶそうです。

夜泣きの原因や対策について
記載したいと思います。






◆夜泣きの原因とは?◆

赤ちゃんが夜泣きをするのは、
1つの成長過程だそうです。

生後3か月頃までは、昼と夜の区別がなく、
2時間~3時間おきにおっぱいを飲む、
というサイクルでしたが、
3か月頃になると、
授乳の回数が少し減り、
昼と夜の区別がつくようになってきます。

しかし、
睡眠のサイクルはまだまだ不安定なことから、
赤ちゃんが夜泣きするのでは?
と言われています。

赤ちゃんは泣くことで、
不快感」などを大人に伝えますから、
睡眠サイクルの不安定さをママに訴えて泣くのでしょうね。

「日々のお世話に原因があるのでは?」

と心配しているママもいると思いますが、
赤ちゃんの夜泣きは成長過程で表れる生理的な現象ですので、
あまり心配しなくても大丈夫(^^


◆夜泣きの対策は?◆

生理的な現象とはいえ、
夜中に泣かれると困ってしまいますよね。

アパートなどの集合住宅に住んでいると
まわりに迷惑になるのでは…
ということも気になってきます。

私の息子は、授乳することですぐに泣き止んでくれましたが、
友人の息子はなかなか泣き止まず、
ドライブなど外に連れ出してあやしていたそうです。

外に連れ出す方法は夏などの過ごしやすい季節ならいいですが、
冬場は困ってしまいます…。

残念ながら、
夜泣きをした赤ちゃんを泣き止ませる確実な方法はないそうです。

病院などで教えてもらう方法としては、
抱っこする
おっぱいを吸わせる
ヒーリング音楽など、静かな音楽を聴かせる
一度起こしてしまう
というのが一般的でしょう。

まずは「抱っこする」ですが、
立って抱っこすると泣き止む赤ちゃんもいるようです。

抱っこした時に、背中を軽くトントンしながら、
優しく話しかけたり子守唄を歌ったりすると、
赤ちゃんが落ち着いて眠るようです。

おっぱいを吸わせる」は、
乳首を口に含ませることで赤ちゃんが落ち着くようです。

ヒーリング音楽など、静かな音楽を聴かせる」は、
泣いて興奮した赤ちゃんを落ち着かせるのに効果的ですよ。

寝る前から静かな音楽を聴かせることで、
夜泣きが少なくなったというママもいました。

一度起こしてしまう」は、
一度完全に起きることで、
再び入眠しやすくなるのだとか。

いろんな方法がありますが、
赤ちゃんとママが負担にならない方法で
夜泣きに対応していきましょうね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児