So-net無料ブログ作成

子供が散髪を嫌がるのはなぜ?息子クンが嫌がらなくなったのは… [3歳]

小さいお子さんのお母さんなら皆さん経験あると思います。

子供の散髪いやいや!

息子クンもはじめのころは散髪を嫌がり、
髪を切るのが大変でしたが、
ひょんなことがきっかけで嫌がらなくなりました。

今回は息子クンが散髪を嫌がらなくなった理由などについて書いていきますね。

sponsored Link



息子クンは髪の毛を切る音が嫌い?



息子クンが初めて散髪したのは2歳の誕生日前。

赤ちゃん筆を作るために床屋さんへ行きました。

ぬいぐるみやスマホの動画を駆使したおかげか、
息子クンはおとなしく座ってくれ散髪は順調に進んでいたのですが、
もみあげの部分を切るとなった瞬間、
おじさんが持っている剃刀を手で払いのけようとしました。

どうやら息子クンは「髪を切る音」がイヤだったようで、
その時は私が両手を握って歌をうたい何とか初散髪を終えました。

それからしばらくして、息子クン人生2回目の散髪へ。

2回目以降は美容師をしている友人へお願いしているのですが、
まぁ2回目3回目の散髪がとんでもなく大変でした!!!

まずは2回目の様子から。

椅子に座りたがらないので、私が抱っこをして散髪することになったのですが、
ケープを拒否!

仕方がないので、ケープなしで散髪してもらったのですが、
両サイドと前髪を切るのをものすごく嫌がり、
ハサミを手で払いのけたり頭を振ったり…。

なんとか両サイドはカットしてもらったのですが、前髪が最後まで切れず、
家で寝てる隙に切っっちゃえば?
となり、寝ている隙に無理やりカットしましたよ。

寝ている間も抵抗されましたが(-_-;)

こうして出来上がったのが「原西カット
※お笑いコンビFUJIWARAの原西さんみたいな髪型ね

その翌日、友人と私がどんなに大変な思いをして散髪したのかということや
散髪の時に手で払ったり暴れると危ないということをくどくどと伝えました。

それから数か月たち、3回目の散髪。

3回目の時は事前に
友人がハサミを持っている時に動いたりするのは危ないよ
髪の毛がぼさぼさでかっこ悪いから、友人にかっこよくしてもらおうね
ということを伝えいざ散髪へ。

この時は友人がおやつを準備してくれていました(^^
※ありがたい!

事前にお話ししたことが良かったのか、おやつが良かったのか、
3回目の散髪はハサミを気にしつつも嫌がることなく何とか終了。

ですが!

私「ケープをつける」ということを忘れていたため、話しておらず
ケープを拒否、
3回目もケープなしで散髪しました。

ハサミは嫌がりませんでしたが、
切り落ちた自分の髪の毛が気になって落ち着きがなく、
最後のほうは「早く帰りたい」とウソ泣きしぐずぐずに。

帰り際に友人から
次はケープつけて髪切れるといいね~
と言われ帰宅しました。

と、2回目3回目はこんな感じで私も友人も大変だったのですが、
4回目から息子クンに変化が!


息子クンが散髪を嫌がらなくなったのは…



息子クンに変化があったのは4回目の散髪の時。

3回目までは私が抱っこして、ケープをつけずに散髪していたのですが、
4回目の散髪は息子クンひとりで椅子に座ったのです!!

これには友人も驚き、
息子クンすごいね~!!ひとりで座れたね~!!
と終始息子クンをほめまくり。

ケープは拒否されましたが、ひとりで椅子に座って散髪されるなんてすごい成長!!

もちろん動画を見せながらの散髪ですが、
それでもひとりで椅子に座ってじっとしているなんて思ってもいませんでした。

そして散髪後、ケープをつけないで散髪したため、
服の中に髪の毛が入り込んでチクチクするのがすごく気になったようで、
ママかゆい」「チクチクする
と訴える息子クン。

ケープをつけないからチクチクするんだよ。
ケープをつけてチョキチョキすればかゆくならないよ。
と話をしました。

この時のチクチクがよほど嫌だったのか、
5回目の散髪の時、ケープを拒否しないでつけてくれたのです!!


そろそろ動画も卒業できるかも?



そして先日6回目の散髪のこと。

いつものように動画を見せながら散髪をしていたのですが、
動画よりも鏡に映る自分が気になったようで、
鏡ばかり見ていました。

もしかして動画なくても散髪できるんじゃ…!!

と思いましたが、試すのは次回ということで…。


こんな感じで息子クンは散髪に慣れていったようです。

次は動画なし散髪とバリカンにチャレンジ予定です!

この記事が散髪を嫌がるお子さんにお悩みのお母さんのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!
人気ブログランキングへ
タグ:散髪 嫌がる
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

3歳児の特徴「質問攻め」始まる! [3歳]

3歳児の特徴ともいわれる
質問攻め
がついに始まりました!!

質問攻めというのは
これはなあに?
どうして?
など、
何でもかんでも聞いてくることです。

3歳ごろになると、言葉のボキャブラリーも増え、
いろんなものに興味を示すようになります。

そのため、あれもそれも色んなものの名前だとかが気になって
パパやママに質問攻めするのだとか。

息子クンも質問攻めが始まり、
ママ、これはどんな音?
だの
ママ、これはどんな色?
とたくさん聞いてきます。

できるだけ質問攻めに答えてあげたいのですが、
ご飯の支度をしている時などにやられると、ちょっと困ってしまいますよね?

sponsored Link


3歳児の「なんで?」「どうして?」対処法!



子供の「なんで?」「どうして?」は成長の証です。

ですが、忙しいときに質問攻めにあうとイライラしてしまうこともありますよね?

息子クンの場合、そんなにしつこく聞いてこないのでイライラしたことはないのですが、
子供によっては朝から晩まで質問攻めする子もいるそうで…。

そんな子供の質問攻めには
わかる範囲で答えてあげる
というのがいいそうです。

というのも、何でもかんでも「なんで?どうして?」と聞いているように見えますが、
子供は真剣に質問しているのです。

なので、テキトーに返事をしたりするのはよくありません。

とはいえ、いつまでも相手をしてあげられないという場合は
これが終わるまでちょっと待っててね
など、「待って」と伝えるようにしましょう。

また、3歳くらいの子供は言葉の意味をしっかり理解できていないので
猫を指さして「猫はどんな音がするの?」など、
不思議な質問をしてくることがあります。
(息子クンがそうです)

このほかにも、「パンの音は何色?」とか、「ゾウは何味?」とか
面白い質問をたくさんしてきます(笑)

この質問に最初のころは戸惑いましたが、
どんな色だと思う?」とか「何味がするかな?
と返事をしていたところ、この手の質問が少なくなりました。

その代わり、
ボクはこういう音がすると思うんだけどママはどういう音がすると思う?
という質問に変わりましたが。

それから、わからないことを聞いてきたら一緒に調べるようにしています。

息子クンは英語が大好きなのですが、先日「雲は英語でなんて言うの?」聞かれ、
英語が苦手な私は大変困ってしまいました(-_-;)

そこで正直に
ママわかんないから、あとで一緒に調べようよ
と提案したところ、
わかった!
と言ってくれました。

この方法ならしつこく質問されないし、
後で一緒に調べることで、子供と一緒に勉強することができます。

これはおススメの方法なのでぜひやってみてください!!


大人が困る質問への対処法



うちは私と息子クンと猫だけなので、そんなに困る質問をされることはないのですが、
あるママ友は子供から
ママはなんでおばあちゃんの事がきらいなの?
と聞かれものすごーく困ったそうです。

大人の事情ですからねぇ…。

このママ友は
嫌いじゃないよ。おばあちゃんとうまくお話ができないだけだよ
と答えたそうです。

このような質問以外にも、

・赤ちゃんはどこから来るの?
・空はなんで青いの?
・鳥はなんで飛べるの?
・ぼくはなんで男の子なの?

などなど。

こういった困る質問に対しても、テキトーに答えたりせず、

・調べられることは調べる
・嘘は言わない
・できるだけ正しく伝える
・怒ったり無視をしたりしない

というのが大切なんだそうです。

ちなみに、息子クンにされた質問で一番困ったものは、
なんでママのおしりは大きいの?
です。

カバにそっくりだねぇ
って言われます。

困った困った…。


最後に



3歳児の特徴ともいえる「質問攻め」に困っているママのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

3歳の息子クン一人っ子なのに赤ちゃん返り?!理由や対処法は? [3歳]

3歳になってもう2か月ほどになる息子クンですが、
自分であれこれできるようになったというのに、
「ママ~、ズボン履けない~」
「ママ~、ご飯食べられない~」
「ママ~、ひとりでできない~」
が最近の口癖です。

「出来ないの~」
という息子クンも可愛いのですが、
ここは母として、しっかりと自分でできることはしてもらうぞ!!
と思って
「自分でできることは頑張ってみよう!」
と話しているのですが、
「この可愛さは今しかない…!」
と思うと、存分に甘えさせたくなってしまい、
毎日葛藤の日々を過ごしております。

sponsored Link


赤ちゃん返りの理由

なんとなくですが、3歳くらいの子供が赤ちゃん返りをする、
というのは見聞きしていたのですが、その多くは
赤ちゃんが生まれたとき(弟・妹ができたとき)
なので、一人っ子の息子クンが赤ちゃん返りをしたことに少し戸惑いました。

しかも、息子クンの場合、
赤ちゃん返りしていますが「自分でやる、できる」という気持ちも強く、
買い物帰りの時など
ママ、抱っこして
と言いながらも、
ボクが荷物を持ってあげるね
とややこしいことに。
(息子クンの中では、
荷物を持ったボクをママが抱っこする
ということでした)

なんで赤ちゃん返りしたんだろうか?
そういう時期なんだろうか?

と思って、保育園の先生に聞いてみたところ、
今までママになんでもやってもらっていたのが、自分でできるようになって
ママがやってくれなくなったことを寂しいと思ったり、
保育園でいっぱいがんばっている分、家ではママに甘えたいと思うからじゃないかな?

と話していました。

ネットでも調べてみたところ、
「自分の成長に喜びを感じる一方で、 子供は親から離れていくことに不安や寂しさを感じるようになる」 「かまってほしい」 「自分に対する愛情を確認したい」

とありました。

息子クンが赤ちゃん返りした理由はそういうことなのか。


赤ちゃん返りの対処法は?

じゃあ、息子クンの赤ちゃん返りにどう対処しようか?
と、私が今実践しているのは、

・思いっきりかまってあげる
・ほめておだてる
・お願いする

ということです。

これらをやり始めてからおよそ1か月が経つのですが、
少し効果はあるようで、「ママやって」が少なくなったような気がします。

中でも「ほめておだてる」はものすごく効果的で、
赤ちゃんからお兄ちゃんに変身します!

ノリにのっている時など
ボクお兄ちゃんだから何でもできるんだもん!
と鼻息荒くしています(笑)

これとは逆に、いまいちなのが「お願い」です。

「息子クンお願~い」というと、
ボク忙しいんだもん」とか「ママがやってよ
とうまい具合に断られ続けています…。

3歳ながら、いろんなことを理解しているんだなぁとつくづく実感。

赤ちゃん返りの対処法として何が有効なのか?
と調べたところ、

・赤ちゃん返りをしている子供に目を向ける
・スキンシップをとる
・子供のやる気を引き出す
・赤ちゃんになっている時はなるべく受け入れる
・弟妹がいる場合、上の子を最優先にかまってあげる

というのが対処法として紹介されていました。

ちなみに、私がやっていた「お願いする」というのも有効な方法だそうです。

ポイントは
お願いを聞いてもらったら、大げさにほめたり喜んだりする
とよいそうです。

私「ありがとうね、助かったよ」とは言っていたけど、
大げさに「お母さんすごく助かっちゃった~!!
とは言ってなかったわ。

今度やってみようじゃないか!!


赤ちゃん返りも今だけの事

3歳になり、いろんなことができるようになってきたのに
なんでもかんでも甘えられると、ちょっと困ってしまいますが、
子供に思いっきりかまってあげたり思いっきり抱きしめてあげられるのも今のうち。

…と思いながら、息子クンと日々を過ごしております。

赤ちゃん返りの多くは、弟妹が生まれたときに起こるそうですが、
息子クンのように一人っ子でも赤ちゃん返りします。

赤ちゃん返りする年齢や期間もお子さんによって違いますが、
対処法は同じなので、たくさんかまってあげるようにしましょうね。

この記事がお子さんの赤ちゃん返りに悩んでいるママのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

トイレでうんちが出来ました!!! [3歳]

※お食事中の方すみません

息子クンがついに、トイレでうんちが出来ました!!

その日は朝から
お腹が痛いよ~
うんちしたい~
と訴え、トイレに連れて行ったのですが、
便座に座ると
もう出ない
と、出てもいないのにもう出ないと言う息子クン。

出勤前ということもあり、少しあたふたしていたので、
出ないのであればさっさと保育園に行ってしまおう!

と、息子クンを車に乗せると…

ママ~、うんちしたい!うんち出るの~!
となんだか落ち着かない様子。

まだ紙おむつを履いているので、
紙おむつだからそのままうんちしても大丈夫だよ
と言ったのですが、
やだ~、うんちしたいの~
というのです。

保育園に到着し、急いでトイレへ行ってみると、
出てもいないのに「出た」という息子クン。

でも、息子クンの様子からするとうんちが出そうな気配がするんだが…。

とりあえず、息子クン本人が「出ない」というのだから、
先生に朝の出来事のことを伝え出勤しました。

sponsored Link


保育園でできた!!

その日の夕方、保育園へ息子クンを迎えに行くと、
息子クン、座ってうんちできたんですよ~!!
と先生が報告してくれました!

息子クンも、ものすごくスッキリした顔でニッコニコ♪

トイレでうんちができたことがうれしかったのと、
お腹がスッキリしたことで上機嫌に(*´▽`*)

息子クンは、おしっこは座ってできても、
うんちは座ってすることができなかったんです。

これは他のお友達も同じようで、
おしっこは座ってできるけど、うんちはできない
紙おむつだから立っていきむんだよね~、一緒一緒!!
と同じクラスのママとトイレ話で盛り上がっていました。

そんな息子クンがトイレでうんちできたなんて…!!

先生によると、
トイレに座ってうんちができるようになると、あとはもう早いですよ~
とのこと。

ついに紙おむつともサヨナラする日が来るのか!

と思うと、なんだか息子クンがたくましく見える母なのでした。


オムツ離れの次に待っているもの

息子クンはまだ本格的にオムツ離れしていませんが、
ふと、オムツが取れたら次は「おもらし問題」が待っているのでは?
ということに気づきました。

これまでもオムツがずれておしっこが漏れてしまうということがありましたが、
身体も大きく尿量も増えるため、漏らした時のビシャビシャ感が半端ないのでは?

オムツの時は心配していなかった「長距離の移動」の時は?

外出時の着替えはどのくらい持っていけばいいんだ?

など、気になることはたくさん!!

防水シーツなどの準備はできているので、おねしょについてはあまり気にしていませんが、
外出時のおもらしはかなり不安です。

とはいえ、まだちょっと先のことなので、
息子クンの紙おむつが完全に取れるまでの間に
ママ友たちといろいろと研究してみようと思います。

息子クンのオムツが完全に外れるのはいつ頃かなぁ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

2歳の誕生日に〇〇を〇〇した息子クン [2歳]

3歳になった息子クンですが、
最近ペットボトルなどの容器に入った液体をコップにつぐことにハマっています。

お水やお茶なら
こぼしてもいいや
って思えるんですけど、ジュースとかしょうゆとなるとそうはいきません!!

でも、ジュースとかしょうゆとか、
こぼされたら大変なほうが好きらしく、
「ママ、手伝うのっ!」
と言って、手を出してきます。

そんな息子クンですが、
2歳の誕生日の時にとんでもないことをやらかしているんですよ…。

sponsored Link


2歳の誕生日に〇〇を…

母はあの日を絶対に忘れない!!

息子クン2歳の誕生日の日。

まだケーキを食べたことのない息子クンのために、
手作りのケーキを作成中のこと。

いちごを乗せたら完成!
というところまできた時に、ふと息子クンが静かなことに気づいた母。

2歳の誕生日を迎えたこの時期の息子クンは、
歌をうたったり、おもちゃのドラムやら太鼓やらをガンガン鳴らして遊ぶのが好きだったのですが、
その息子クンが静か…?!

なんとなく嫌な予感がして様子を見に行くと…

!!!

いつ持ち出したのか?

サラダ油をカーペットの上にぶち撒いていました(;゚Д゚)

速水もこみちか?!

なんて言ってる場合じゃなく、
息子クンからサラダ油を取り上げ、カーペットに新聞紙をのせ、
大急ぎで油の処理をしましたよ…。

息子クンはなぜか「したり顔」で笑ってるし…。

もう、腹から力が抜けてしまい、
…フフッ
なんて力なく笑っちゃいましたよ。

あー、涙も出たな…。

…何かの役に立つと思うので、
このときのサラダ油の処理方法を記載しておきます。


サラダ油をカーペットにぶち撒かれたときの処理方法

まず、サラダ油をこぼされた(撒かれた)カーペットの下にビニールと新聞紙を敷きます。

カーペットの上の部分を新聞紙で押さえ、油を吸い取ります。

ある程度油が取れたら、次はスポンジに水を少し含ませ、
食器用洗剤で油を分解させます。

次に、ぼろ布か新聞紙で洗剤や水分をふき取ります。

何回か繰り返すと、油のベタベタ感が取れます。

油が十分に取れたら、ドライヤーで乾かせばOKです。


意外と落ちましたよ!!

掃除しながら、
息子クン!油は撒くものじゃぁないよ!!
と強めに言い聞かせましたよ。


サラダ油の次は…

2歳の誕生日に「サラダ油」をぶち撒いた息子クンですが、
その次の日、「柔軟剤」を撒こうとしていました(;゚Д゚)

このとき
お洗濯しなくちゃだねぇ
と言っていたので、おそらく私の真似をしたんでしょう。

私、洗濯するときそんなこと言ってるのかなぁ?

子供って親の行動をしっかり見ているんだな~
と思いながら、柔軟剤を取り上げた母でした。


それ以降、何かをぶち撒くというようなことはなくなりましたが、
現在「コップに液体をつぐ」にハマっているので、
近いうち牛乳かジュースでやらかすのでは…?

と思っているので、
こぼれても気にならない「」で練習してもらっています。

上手にコップに注げるようになるのはもう少し先かな?

☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児