So-net無料ブログ作成
検索選択

3歳の反抗期はいつまで続くの?気持ちが楽になる接し方や対処法について [3歳]

魔の2歳」と呼ばれるイヤイヤ期を何とか乗り越え、
3歳になった息子クンですが、
最近、反抗的な態度をとることが多くなりました。

例えば、
ごはんの時間だからお片付けしようね
というと
ごはん食べないもん
とか
おうちに帰ろうね
というと
まだ帰らない!ママひとりで帰っていいよ
とか。

自分の意見や気持ちを表現できるようになったんだなぁなんて思っていたのですが、
実はこれ、反抗期の始まりだそうで、悩んでいるママが多いようです。

私も息子クンの反抗期に悩む母のひとりですが…。

もう怒りたくない!!
って怒りながら言ったりして(笑)

そんな3歳の反抗期、
いつまで続くものなのかな?
気持ちが楽になる接し方とか対処法はないかな?
と思ったことを書いていこうと思います。


sponsored Link



3歳の反抗期の特徴は?




 魔の2歳=イヤイヤ期

これが終われば、第一次反抗期は終了かと思っていたのですが、
本番は3歳からだったようで、

 3歳=第一次反抗期

と言われていることに最近気づきました。

というのは、息子クンの反抗が強くなってきたからなんですが(-_-;)

魔のイヤイヤ期を乗り越えたかと思いきや、
3歳からの反抗期が本番だなんて…。

そんな3歳の反抗期の特徴ですが、

・手が出る(たたく)
・物を投げる
・赤ちゃん返り
・泣きわめく
・なんでも「イヤ!」

こんな感じです。

2歳の頃と比べ、言葉が発達しているので、
生意気なことも言うし、「ママ、あっちに行って!」なんてことも言います。

とはいえ、まだまだボキャブラリーは少ないため、
思ったように表現できなかったりすると、癇癪を起すことも。

うまく表現できないもどかしさを親にぶつけることもあるんですね。

これがお友達同士になると、お互い反抗期真っ最中なので主張がぶつかり
つい手が出てしまうこともあります。

相手が親の場合は、容赦なくたたいてきます(-_-;)

癇癪を起しても叩いてもなんともならなくなると
泣きわめいたり物を投げたりすることも。

息子クンは泣きわめくことはほぼありませんが、
エイッ」と物を投げて、こちらの反応をうかがうことがあります。

物を投げた理由を聞いたら
ママにかまってもらいたかった
そうで、
物を投げる行動は、甘えたいときにみられる行動なんだそうです。

知人の先輩ママに話してみたところ、
「男の子はママとイチャイチャしたいんだよね~。ママの気を惹く為にやるんだよね~。」
と教えてもらいました。


イライラしないようにするには?



では、反抗期真っ最中の3歳児にイライラしないようにするにはどうすればよいのか?

ネット上で紹介されている対処法は

・子供の気持ちを受け止める
・時間に余裕を持つ
・言い方を工夫する
・環境を見直す
・積極的に人の手を借りる
・子供に選ばせる
・やりたいようにやらせてみる
・スキンシップを取る
・子供と一緒にリフレッシュする

というものでした。

上記以外に、私が教えてもらったのは

子供に過大な期待をしない
出来なくて当たり前だと思う

というものです。

3歳くらいになると、自分で食事や着替えができるようになり、
言葉の意思疎通も可能になるため、つい
できるのが当たり前
だと思ってしまうんですね。

なので、子どもがうまく出来なかったりすると
前はできたのに
簡単なことなのに
と思ってしまい、ついイライラしてしまうんです。

でも、3歳児にしてみると、
やっとできるようになった
というのが本当なので、
毎回毎回同じようにできるとは限らないんです。

できるはず」という過大な期待をしないで
まだまだできないことが多い」と思うと…

どうですか?

イライラしませんよね?

それから、「ママ~、できない~」は
ママに手伝ってもらいたい
ママに甘えたい
という気持ちの表れです。

息子クンがそう言ってました(笑)


イライラしたら「サボさん」を思い出そう



私は「子供に過大な期待をしない」のがなかなか効果的でしたが、
イライラしない接し方の見本を発見!

それは
サボさん」。

サボさん.jpg
画像引用元:https://twitter.com/orenukamo

NHK「みぃつけた」のサボさんです!

テレビ番組なのでイライラするなんて設定はなくて当然ですが、
ついイライラしてしまいがちな子供の言動に対し、
サボさんは毅然とした対応で接しています。

決して怒ったりしません。
(テレビだからね)

怒らないキャラクターなんてたくさんいるのですが、
なぜサボさんなのかというと、
人間らしさ
でしょうか。
(サボテンだけどね)

スイちゃんやコッシーの前でも素直な感情をさらけ出したり、
ふたりから遊びに誘われても「あとでな~」とはっきり断ることもあります。

日頃から「子供の前では常に笑顔でいなくちゃ!」と
自分の感情にフタをしていたり
子供の誘いは断ってはいけない!」と思っているママ多いのでは?

日々頑張りすぎていると心に余裕がなくなり、
子どもが反抗してきたときについイライラしてしまいます。

こんなに頑張っているのに…!!

って思っちゃうんです。

私はそんな時「サボさん」を思い出すようにしています。

サボさんって、「大人なのに~」って突っ込まれたりしてかっこ悪いけど、
どこか余裕があって素敵だなぁと思うんです。

そう!
余裕があるんですよ!

なので私は、イライラした時は
サボ~ん
と心の中でつぶやいています。

イライラした気持ちがほぐれますよ(真剣ですよ!)


反抗期は個人差あり!



子供の第1次反抗期、早く終わって欲しいものですが、
反抗期の期間には個人差があるそうです。

早く終わる子もいれば小学校に入るまで続く子もいるそうなので、
親がうまく対応していくしかありません。

反抗期は成長過程で必要なものでもあるので、
今はそういう時期なんだ
と割り切ることも必要ですね。

できるだけイライラを減らして、
今しかない時間を楽しく過ごす工夫をしていきたいですね。


最後までお読みいただきありがとうございます。

☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!
人気ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

子どもが「ウンチが出ない!お尻痛い!」ときの対処法について [子供の病気]


つい昨晩、息子クンが
ウンチが出ない!おしり痛いの!痛いよ~!!
と泣いて起きました。

そういえば、このところウンチの量が少なくコロコロしていたような…。

とりあえず、水分を摂らせてお腹をさすり、
その晩はなんとか眠ったのですが、
朝起きてすぐに「ウンチが出ない!おしり痛いの!」と訴える息子クン。

ウンチが出そうで出ず、座れない状態なので、
出口付近に硬いヤツがいるんだろうなと思ったのですが、
大人と違って、自力でなんとかできるわけもないので困ったことに…。

息子クンは割と快調な方だったので、
まさかウンチが出なくて泣く日が来るとは思ってもおらず、
泣き叫ぶ姿に動揺しながらも急いで病院へ行きました。

今回はその時対処してもらったことや、
子どもの便秘対策などについて書いていこうと思います。


sponsored Link



息子クンの様子



ウンチが出ない!お尻が痛い!
の他にも
お腹が痛いの!ママ、さすって~!
と痛がる息子クン。

お腹は硬く張っていて、とても辛そうな状態。

出口付近に硬くなったウンチがいるようで、
便意が訪れるたびに痛みもやってくるようでした。

まともに座れないので、膝立ちか抱っこで過ごし、
腹痛がやってくるとお腹を抱えてお尻をあげて横になったりしていました。

痛みがやってくるたびに泣き、とても辛そうな顔をするのですが、
痛みが引くと「なんか飲みたい」と言ってみたり、
もう帰る」といってみたり…。


息子クンの便秘の原因と病院での対処法



息子クンの番が来て、先生に診ていただいたところ、
やはりただの便秘でした。

先生によると、
普段の食生活も便秘の原因のひとつですが、
環境に変化があったり緊張するような出来事があると
便秘しやすくなるのだとか。

子どもは便秘しやすいからね~
と言ってました。

そして、息子クンは人生初の「浣腸」をすることに。

慢性の便秘じゃないからお薬はいらないね、
とのことでした。

浣腸してから5分ほどですぐにウンチが出て、
ついさっきまで泣いていたのがウソのように超元気に!!

出すだけ出してスッキリした息子クンは、
バナナ食べたい
って言ってました(笑)


そんな息子クンの便秘の原因は、おそらく
進級したこと
かなぁ、と。

進級して「お兄ちゃん」になり、トイレトレーニングも進み、
日中は布パンツで過ごしている息子クンですが、
トイレでウンチがまだできないんです。

本人も「トイレでウンチは難しい」と言っているので、
紙パンツにしていいんだよ
と伝えているのですが、
トイレでできるようになりたい!という意思も強いようで、
我慢していたみたいなんですね。

我慢とか緊張状態が続くことで、
腸が動かなくなって便秘になってしまうのだそうです。

息子クンは進級してからいろんなことを頑張っていたので、
それがストレスになったのかなぁ…。


子どもの便秘対策法!



息子クンの場合は、ほぼ初めての便秘なので、
我慢や緊張などがおおよその原因かと思われますが、
野菜不足や水分不足、運動不足が原因で便秘になることも。

大人と一緒ですね。

なので、

・我慢をしないようにすること
・ストレスを発散させてあげる
・食生活の見直し
・運動不足の解消
・水分をこまめに摂る
・腸内環境を整える

というのが子供の便秘対策法となります。


便秘薬を使うというのも一つの方法ですが、
大人の場合、市販のお薬で解消することが可能ですが、
小さい子どもの場合、刺激が強すぎるものもあるので気をつけなければなりません。

最近では、3歳くらいから服用できる便秘薬もあるようですが、
私は病院で処方されるお薬をおススメします。

なぜかというと、
病院で診察を受け、症状に合った便秘薬を処方してもらうのが安心だから!!

市販薬も便利ですが、子どもに合わない便秘薬だった場合、
さらに痛い思いをしてしまうかもしれないという不安があります。

それに、浣腸だけで解決することがほとんどのようです。

子供用の浣腸も市販されていますが、
自宅で子供に浣腸するのは至難の業です!!

めちゃくちゃ暴れます!!

なので、自宅ではなく病院で診てもらうのが安心です。

何より、便秘しないように心がけるのが一番なんですが…。


ウンチは大事!



今回、息子クンが便秘をし病院で浣腸をしてもらったことで、
我慢は良くない!ウンチは大事なんだ!
と、つくづく思い、帰りの車中で
ウンチしたくなったらすぐに先生に言うこと!恥ずかしいことじゃないぞ!
と息子クンに言いました。

子どもの便秘は気づきにくいそうで、
見過ごしてしまうことがよくあるのだとか。

便秘が慢性化してしまわないためにも、
子どもに次のような症状がみられたら便秘を疑いましょう。

・お腹が張っている
・食欲がない
・お尻を痛がる
・そわそわして落ち着きがない
・トイレに行きたがらない

それから、ウンチは出ているけどウサギのウンチのようにコロコロしている便が続くと、
息子クンのようになってしまいます。

なので、コロコロウンチが続いているなぁと思ったら、
水分を多く摂らせるとか運動をさせる、ストレスを解消してあげるなど
スムーズにウンチが出るようにしてあげることが大切です。

息子クンの場合、まだ紙パンツなので私がウンチを見ることができますが、
トイレで排泄ができる子供の場合、
どんなウンチが出たのか?毎日出ているのか?
と聞いてあげるといいでしょう。

理想のウンチはバナナ型って言いますからね~。

ウンチの絵本でも読み聞かせようかしら?



この絵本、最後のページにはうんこの種類特大ポスターまでついているそうです。

ポスターの中から「どのウンチがでた?」って聞くのもよさそうですね!

この記事が子どもの便秘でお悩みの親御さんのお役に立てれば幸いです♪


最後までお読みいただきありがとうございました。

☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!
人気ブログランキングへ


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

3歳の息子クン耳かきを嫌がる。耳掃除のやり方や頻度は? [3歳]

息子クンは耳かきを嫌がります。

そのため、気づくと耳の穴の出口付近に細か~いカスが…。

私は耳かきが大好きな子供だったので、
息子クンが耳かきを嫌がる気持ちがいまいちわかりません。

とはいえ、無理やり耳かきをするのも良くないと思い、
現在は3か月に1回くらいのペースで耳かきをしています。

かなり無理やり耳かきをしているので、ものすごく嫌がられ、
そのたびに
こんなに耳かきを嫌がるのは息子クンだけなんじゃ…
と思っていたのですが、
耳かきを嫌がる子供、結構多いということを発見!!

ということで今回は、
子供はなぜ耳かきを嫌がるのか?耳かきを克服する方法はあるのか?
耳かきの頻度などについて書いていこうと思います。

子供の耳かきでお悩みのママ必見ですよ!!!


sponsored Link



子供はなぜ耳かきを嫌がるのか?



子供が耳かきを嫌がる理由は3つあります。

①耳に当たる感触や音が嫌い

息子クンに
なんで耳かきが嫌いなの?
と聞いてみたところ、
耳の中がゴソゴソするのがイヤ
といっていました。

綿棒が触れる感触と耳垢がガサゴソと音を立てるのが嫌いなんですね。

耳かきが嫌いな人に多い理由で、中には
咳が出る
という人も。

これは「迷走神経反射(めいそうしんけいはんしゃ)」と呼ばれる現象で、
耳かき中に咳が出てしまうという人が結構いるそうです。

そういう不快感なども、耳かきを嫌がる原因のひとつかもしれません。


②過去に痛い思いをした

これも耳かきが嫌いな人に多い理由で、
子供の場合、大人と比べて痛い思いをした経験が少ないため、
より「嫌なもの」として記憶に残ってしまうのかもしれません。

息子クンの場合はというと…、
痛い思いはしていないようですが、
耳かきの際に動かないように押さえられるのが嫌なんでしょうね(-_-;)


③じっとしているのがイヤ

基本的に3歳くらいの子供は、じっとしていられません!

おとなしくじっとしていられるようになる年齢は、
4.5歳~7歳くらいと言われています。

なので、耳かきのようにじっとしていなければならないことは好きじゃないんです。

ほんの少しくらいは座ってくれるかもしれませんが、
すぐにおもちゃだのなんだのが気になって、耳かきどころではないんですね。


耳かきをしないとどうなる?



耳垢は基本的には、自然に排出されます。

ですが、子供や高齢者、耳垢が湿っている人、もともと外耳道が狭い人は
耳垢が溜まりやすいと言われていて、耳垢が溜まってしまうと
耳垢栓塞(じこうせんそく)
という状態になってしまいます。

耳垢栓塞は病気ではなく、ほとんどが無症状ですが、
完全に詰まってしまうと耳の閉そく感や難聴、耳鳴りなどがあらわれることがあります。


ものすごーく昔の話ですが、お付き合いをした方に耳かきをしない人がいました。

1度だけその方の耳かきをさせてもらったのですが、
耳の中から「貝ひも」のようなカチカチのひょろ長い耳垢が出てきて
2人でビックリしたことがあります。

ちなみにその方は、3年に1回くらい耳鼻科に行って耳垢を取ってもらっていたそうです。

耳垢を3年も溜めておくと貝ひもみたいになるんですね…


とはいえ、通常は自然に排出されるものなので、
そんなに気にしなくてもいいようです。


子供が嫌がらずに耳かきをする方法とやり方



息子クンの場合、
機嫌がいいときに耳かきの了承を得る
というのが最も効果的です。

子供本人が「わかった!がんばる!」と受け入れてくれると
耳かきをスムーズに行うことができます。

ただ、これは息子クンの場合なので、通用しないお子さんもいるかと…。

子供本人に了承を得る方法の他には、
子供の好きなTVやDVDを見せ、集中している間に行う
という方法が有効なようです。

息子クンは耳に触れる感触が苦手なので、
この方法は通用せず…。

めっちゃ怒られます(-_-;)


そしてもうひとつ、
耳鼻科に行って耳掃除をしてもらう
という方法もあります。

耳鼻科なら親がやるよりもきれいに掃除してもらえるし、
耳の健康状態なども診てもらえるので良いでしょう。


それから耳かきのやり方ですが、
膝枕はNGなんだとかΣ(゚Д゚)

膝枕の体勢では、取った耳垢が耳の奥に落ちてしまったり、
綿棒や耳かきを必要以上に奥に入れすぎてしまう恐れがあるのです。

正しい耳かきの方法は、
座った状態で横から耳かきをする
というスタイルが良いそうです。

それから、子供の耳の穴は小さいので、
子供用の綿棒を使うようにしましょう。



子供用の綿棒って細くって耳かきをするには頼りない感じがしますが、
子供の耳には十分な大きさです。

こんな便利そうなグッズがありましたが、



息子クンは使ってくれないだろうなぁ。


子供の耳かきの頻度はどのくらい?



気になるのは耳かきの頻度です。

耳かきが好きな人は毎日やってしまったりするのですが、
大人の場合、1週間に1回~2回くらい
で十分なんだとか。

そして子供の場合は
月に1回~2回ほどで十分!

必要以上にきれいにすることはないんですね。


そういえば私、中学生の頃耳かきを毎日やりすぎて外耳炎になったことが。

耳かきをしすぎて外耳炎になる人は結構多いそうですが、
ひどい場合は、頭痛や感染症、髄膜炎の危険性もあるのだとか。

耳かきはほどほどに!
ですね。


息子クンの耳かきをしたのが1か月ほど前なので、
そろそろ耳かきの了承を取ろうと思います(^^

すんなりと受け入れてくれるといいのですが…。


最後までお読みいただきありがとうございました

☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!
人気ブログランキングへ

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

3歳は理解力がない?どのくらいが平均?理解力を伸ばす方法は? [3歳]

今日は息子クンの「理解力」について書いていきます。

というのも、GWの連休中のお出かけなどについて息子クンと話をしていたところ、
息子クンはすでに「連休モード」に突入してしまい、
保育園の教室に入ろうとすると、帰るとは言わないものの、
散歩を嫌がる犬のごとく入室拒否。

この時に、
息子クンは休みを理解しているんだなぁ
と思ったのです。

そう思ったときにふと、
子供の理解力ってどのくらいが目安なんだろうか?
どんなことをどのくらい理解できるんだろうか?
ということが気になったんです。

一般的な3歳児の理解力と息子クンの理解力について
気づいたことや思ったことを書こうと思います。


sponsored Link



一般的な3歳児の理解力はどのくらい?



一般的な3歳児の理解力の目安というのは、

・自分の名前、年齢など簡単な質問に答えられる
・日常の挨拶ができる
・絵本のストーリーがわかる
・1~5までの数を数えることができる
・「長い、短い」「大きい、小さい」「多い、少ない」の違いがわかる
・〇△□の形を認識し名称が言える
(〇=まる、△=さんかく、□=しかく、など)
・色の名称がわかる
・体のパーツや身近な食べ物、乗り物、植物などの名称がわかる
・簡単なパズルができる

などなど。

※あくまでも目安なので、子供の興味の持ち方や生活体験などで個人差があります。

息子クンは今年4歳になる齢なので4歳児の目安も見てみると…

・自分の意思を言葉にして表現できる
・順番がわかり、待つことができる
・1~10まで数えることができる
・身近な生活用品の名称や用途がわかる
・上下左右前後の位置がわかる
・1匹、1台、1本など、助数詞をつけて数えられる
・公共の場でのマナーが意識できる
(走らない、静かにする、大声を出さないなど)
・他人の気持ちを推測したり気づかうようになる

などなど。

3歳ころから理解力が伸びていくようですが、
体験や生活によって違いがあるんですね。


息子クンの場合



さて、一般的な3歳児4歳児の理解力がわかったところで、
息子クンは何をどのくらい理解できているんだろうか?
についてです。

息子クンが理解している(であろう)事は

・1~30くらいまでなら一人で数えられる
・ひらがなの読み書きができるようになった
・私と猫、ばあちゃん、妹弟、その子供たちの名前を覚えた
・赤信号は渡らない、青信号は気をつけて渡る、渡るときは手をつなぐ
ということがわかる、言える
・「泣いている→悲しいの?」「笑う→楽しいの?」など、気持ちを察する
・おままごとの包丁やフライパンなどを上手に使える
・50ピースのジグソーパズルがひとりでできる
・自分の意思をある程度表現できる
・平日とお休みの日がなんとなくわかる
・都合の悪いことは知らんぷりしたりごまかす

など。

書き出してみると、いろんなことを理解していることがわかりますね~。

んで、最近気づいた「休みの日がわかる」というのは、
休日前に「どこどこに出かけようか?」などと話をするからでしょうね。

それから、土曜日の朝は「しまじろう」を見ているので、
曜日感覚も身についてきているのかもしれません。

休み=母と一緒に自由に遊べる

だから、休みの日が待ち遠しいんだろうなぁ。


そんな息子クンですが、私の言うことなどもある程度理解できているようで、
都合の悪いことなどは知らんぷりしたり「はぁ?」といって誤魔化します。

どこの家庭も同じようなもんなんだろうか?
と思い、同じクラスのママに聞いてみたところ、
男の子はみんな同じようでした。

3歳児・4歳児の理解力の目安と同じクラスの子の話などから、
息子クンは平均的に成長しているんだなぁと実感。

人並みに理解力が身についていることにちょっと安心した母でした。


子供の理解力を伸ばす5つの方法とは?



とはいえ、人生はまだまだ先が長い!!

これからもっとたくさんのことを覚えたり理解していかなければならないですよね?

そこで、子供の理解力を伸ばす方法を調べてみました!!


①親も一緒に勉強する

親が一緒になって勉強することで、子供の脳がより活性化するそうです。


②興味のあるものと組み合わせる

子供が興味を持つものと組み合わせることで、理解力が深まるそうです。

例えば、交通ルール。

息子クンの場合は、こどもちゃれんじの教材が好きなので、
その教材で交通ルールを覚えました。


③子供の「なんで?」にできるだけ答える

3歳頃よくあるのが「質問攻め」。

忙しいときなどに質問攻めされると、答えるのがイヤになってしまうのですが、
できるだけこたえてあげる方が良いそうです。

質問することで答えを知り、理解が深まるというわけです。


④端的にわかりやすく伝える

これ大事ですね!!

なんでそうなるのか?」「〇〇とはどういうことか?
ということを端的にわかりやすく伝えなければなりません。

だって、子供だもん!!

理論的にあれこれ言っても理解できません!


⑤絵本をたくさん読む

絵本はひとつひとつの出来事が関連し、つながることで完結します。

そのひとつひとつの情報を読み取ることで、
絵本の大筋のストーリーを理解できるのです。

いろんな絵本を読むことで、読解力や知識、ボキャブラリーが増え、
想像力や表現力が豊かになり、理解力も高まります。


お子さんの理解力にお悩みの方は、
この5つの方法を意識してみてはいかがでしょうか?


私もつい理論的に言ってしまうことがありますが、
息子クンには伝わらないので
お母さん、何言ってんだかわからない
みたいな顔されるときがあります。

母、猛反省…。

子供の理解力うんぬんよりも、親がどうかかわるか?
ということも大事なんだということがわかりました。

子供と一緒に親も成長しなくては!!
ですね。


最後までお読みいただきありがとうございました。


☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!
人気ブログランキングへ

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児