So-net無料ブログ作成

子供服110と120(マヌケな母の話) [3歳]

すっかり秋めいてきた今日この頃。

息子クンもグッと成長し、身長が100cm間近になりました。

秋物の準備をしなくては!と思い、息子クンの服を見たところ、
ほぼ小さくて着られなくなったものばかり。

まだいけるかな~と思って着せてみると、
ぱっつんぱっつんΣ(゚Д゚)!!

大きくなったんだねぇ、ということで新しい服を買いに。

私はいつも、ちょっと大きめの服を買って着せていたのですが、
110と120って大きさがいきなり違うんですね。

今回は、サイズにまつわるお話です。

sponsored Link


今までは…



今までは、ちょっと大きめのサイズでもなんとか着れたんです。
(着せたんです)

サイズが「5」刻みだったからでしょうか…?

110サイズからは「10」刻みがほとんどのようで、
ワンサイズ大きいものを選ぶとなると「120」になるんですね。
(「115」というサイズもあるようですが…)

それでも「着れるんじゃないかな?」と思って、
120サイズのTシャツを2枚ほど購入。

いざ着せてみると・・・

さすがに120サイズになると、袖も丈も長くてぶっかぶか。

おっきかったね~、ハハハ・・・
と失敗を笑っていましたが、もうひとつ失敗してました!

冬用のジャケットを120サイズで購入していたんです(-_-;)

こちらも当然ながら大きすぎて、
来年か再来年かな~
とクローゼットへ。

新たに、110サイズのジャケットとTシャツを購入しました。


子供服のサイズ選び



子供の服のサイズ選びって難しいですよね。

子供服売り場に「サイズ目安表」がありますが、
息子クンはがっちりむっちりお腹ぷっくりなので胴回り・肩幅に合わせて選んでいました。

参考までにサイズ目安を記載しました↓

・100サイズ・・・身長95~105cm
・110サイズ・・・身長105~115cm
・120サイズ・・・身長115~125cm
・130サイズ・・・身長125~135cm
・140サイズ・・・身長135~145cm

この目安でいうと、息子クンは100サイズに該当するのですが、
100だとピッタリ過ぎて「小さいよ~」と泣かれます。

まぁ、あくまでも「目安」なんでね。

身長を目安に洋服を選びましょう」って紹介しているところがありますが、
お子さんの体形で選びましょう」の方がしっくりくるかも…。

子供服のサイズ選びで悩んでしまうというママにおすすめなのが、
肩幅・胴回り」で選ぶ方法です。

肩幅と胴回りが合えば大体大丈夫です!

お子さんの服のサイズ選びでお悩みの方は試してみてくださいね。


ズボンのサイズもなんだか微妙



Tシャツなど「上に着るもの」は110でジャスト!ということが判明した息子クンですが、
ズボンも110かというと、これまた難しいんです!

110じゃあ丈が長すぎる!
(息子クンの足が短いのか?)

まぁ、まくって履けばいいかということで、裾をまくって履かせていますが。

洋服ってメーカーによって若干サイズに違いがあるじゃないですか?

同じMサイズなのに、〇〇っていうメーカーは大きめだったり
□□っていうメーカーは小さめだったり。

子供服のズボンに関しては、サイズどうなってんだ?!っていうくらい違いがあることも。

というのは、某子供服店で購入した80サイズのズボンがあったんですが、
つい最近までジャストサイズで履けていました!

つい最近→100サイズですよ。

これはこれで長く履けたのでお財布に優しかったですが、
これとは逆に、ワンサイズ上で購入したのにウエスト部分がきつくて
すぐに履けなくなったズボンもあります。

ママ、ちっちゃくて履けないよ
と息子クンがズボンと格闘している様子を見て、
ズボンだけはサイズ表記だけを頼りに買っちゃあいけない!
と思いました。

もう失敗しないぞッ!!



これまで子供の洋服選びで数々の失敗を重ねてきましたが、
これからは失敗しないぞ!!と心に決めた母でした。

まぁ、大きい分には翌年着られる可能性があるので、
失敗というのかどうかですが、
着られるかわからない」ものをストックしておくというのは無駄といえば無駄。

今回の買い物が失敗に終わらないことを願いつつ、
息子クンのサイズがどう変化してくのか楽しみでもあります。

私のように、ちょっと大きめの服を着せているというママさん!

110と120はだいぶ大きさが違いますよ!!!

この記事がお役に立てれば幸いです♪


☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!
人気ブログランキングへ

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

3歳児、自己主張とわがままの違いとは? [3歳]

息子クンも3歳8か月になり、言葉が達者になってきました。

自己主張もできるようになってきたのですが、
たま~に自己主張が激しい時が…。

その時にふと思ったのが、
自己主張とわがままって何が違うのかな?
ということ。

自己主張って、自分の気持ちを表現したり相手に伝えることだけど、
その主張が激しくなるとわがままになるのかしら?

自己主張だと思って、何でもかんでもいう事を聞いていたら、
わがままな子供に育ってしまうかも?!

ということが気になりました。

そこで今回は、
自己主張とわがままの違いについて調べてみました。

sponsored Link


自己主張とは



自己主張とは、
自分自身の意見や考え、欲求などを他人に伝えることです。

生後半年くらいから自己主張が強くなり、
自己主張ができるようになった証である「イヤイヤ期」へと突入します。

イヤイヤ期の子供は、まだ言葉をうまく話せないため、
自分の気持ちや欲求を思うように伝えられないことから、
ぐずったり泣きわめいたりします。

比較的おとなしくて優しい性格の息子クンにも
イヤイヤ期はありましたよ。

大声で泣き叫ぶというようなことはありませんでしたが、
ま~、大変でした(-_-;)

ちなみに、日本人は自己主張が苦手なんだそうで、
自己主張が強い人に対し、
・自分勝手 ・協調性がない
という印象を持ってしまうようです。


わがままとは



わがままとは、
他人のことを考えず、自分の都合だけを考えて行動すること。
身勝手、自分勝手。

自分の意見や考えを押し付けたり、押し通すことで、
相手の気持ちを傷つけたり、迷惑をかけたりするのが「わがまま」なんですね。


自己主張とわがままの違いとは



私の解釈ですが、
自己主張・・・自分の意見が通るかわからないけど、言ってみる・伝えてみる
わがまま・・・自分の意見をなんとしても押し通す、通るまでごねる

という感じでしょうか。

自己主張が行き過ぎると、わがままになる
と解釈しました。

子供の場合、自己主張できるようになったばかりで、
自分の主張がどこまで通るのか?
ということがわかっていないし、
通らない主張もあるということもわかっていません。

なので、自己主張が強く感じられるのかも…。

子どもが自己主張を上手にできるようになるまでは、
大人がしっかり対応することが大切なようです。


自己主張が上手にできるようになるには



子どもが自己主張を上手にできるようになるには、
大人の対応が大事です。

子どもの言うことを何でもかんでも聞き入れてしまってはわがままになってしまうし、
子どもが自己主張をしているのに聞き入れないのでは、
自分の気持ちを分かってもらえなかった
と傷ついてしまいます。

じゃあ、どうすればいいの?

と思ったので、調べたことをまとめてみました。

・子供の意見を適度に理解してあげる
・子供に考える癖をつけさせる
・お友達とぶつかって、折り合いをつける経験をさせる
・大人の気持ちを子供に伝える
・多少のわがままは大目に見る

このほかにも、いろんなものがあったのですが、
自己主張できる子・できない子のどちらにも参考になると思ったものをあげてみました。

上手に自己主張ができるようになることで、
自分の気持ちも相手の気持ちも大切にできる子に育つのだそうです。

なるほど~。


上手に自己主張ができるようになるには、まだまだ時間がかかります。

息子クンと向き合って、気長に見守りたいと思いました。

子どものわがままに困っているという方や、
子どもが自己主張しなくて心配…という方のお役に立てれば幸いです♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆人気ブログランキングに登録しました☆

育児日記ランキングへ
ポチっとしてもらえると励みになります!!
人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。